スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語で笑いをとる3

さて、しばらく間が空いてしまったが、
英語で笑いをとる」シリーズ。
日本の師匠が送ってくれた「世界の日本人ジョーク集」を
英語で友達に披露して、笑いをとって、人気者になっちゃおうシリーズだ。

今回は、下記の話を、
パーティ中の会話の中でしてみた。(主に、アメリカ人に)


■四段階 (p.46「世界の日本人ジョーク集」より改変)
新製品が世に流通するまでには、全部で四つの段階がある。
まず、アメリカの企業が新製品の開発をする。
次にロシア人が、「自分たちは同じものを、もうすでに30年前に考え出していた」と主張する。
そして、日本人がアメリカ製以上のクオリティのものを造り、輸出しはじめる。
最後に、中国人が日本製に似せた偽者を造る。


これは普通にうけた。やはり、そういうイメージが世界共通であるのだ。
しかし、この会話の後に、調子に乗って、このネタにかぶせて、
色々と話をしていてヒヤリとすることがあった。


日本に10年ほど住んでいたインド人の友人が、
彼が日本で発行してもらった外国人登録証を皆に見せていたとき、
私は上記のネタにかぶせて、
「これは中国製のフェイクだろ?」
と言った。

皆は、この台詞にうけて笑ったが、途中から会話に入ってきて、
これまでの話の流れを知らない台湾出身の友人の顔色が変わった。

私はそれを感じとって、しまった、と思い、それからはそのことは口にせず、
特に何事も起きなかったが。。できれば彼と直接話してフォローしたかったが、
彼はその場を去ってしまったので、フォローできなかったのが残念だ。
願わくば、私がそう感じたのが勘違いであって、
彼がそんなに気にしていなければいいが。。


捉え方によって侮辱ともとれる話をするときには、
「一般論として、興味深い点を抽出した話をしていて、
個人・グループを攻撃しているわけではない、
かつ、悪意があるわけではない」
という前提をしっかり皆で確認したうえで、こういう話をしなければいけない、
ということを再確認した出来事だった。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cmumba.blog67.fc2.com/tb.php/108-cee9bf2d

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。