スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙エレベータに乗って

たまたま宇宙エレベータの話を聞いた。
イメージ図 → http://www.liveinspace.net/tospace/future/#top
地球と宇宙ステーションの間をエレベータでつなごうというプロジェクトだ。

イメージ的には、「ジャックの豆の木」のジャック、
ドラゴンボールのカリン塔である。

アメリカには、実際に2018年の開通に向けて、
宇宙エレベーターを作ろうとしている会社もあるから面白い。 
Space Elevator

ところで、
宇宙エレベーターの記事を読んでいたら、
宇宙エレベーターをつくりにはかなりの張力をかけなければいけない、
という話が出てきて、それに関連した例として、
瀬戸大橋の場合は片側35万トンの重りがつけられている、
という話も出てきた。


そこで、突然、
子供の頃に叶えられなかった小さな夢を思い出した。


小学生低学年くらいの子供の時は、何でも作ってみたい子供で、
「泥んこけんちゃん」というあだ名がついていた。
近所の廃材置き場で、友達数人と秘密基地を作っていたのを覚えている。
その頃、何度やってもうまくいかない遊びが、滑車ごっこだった。
高台からロープを張って、滑車みたいなものをかけて、
ビューンとあっち側に行きたかった。


しかし、友達と力をあわせてロープを張ってみても、
それにぶら下がろうとすると、体重でロープがたわんでしまって、
ビューンとはいけなかった。
子供数人で、必死になって全体重をかけてロープを張っても、
全然ダメだったのだ。何度やってもダメだった悔しさ。。。


もしタイムマシンであの時代に戻れるならば、
戻ってあのときのKen.T、もとい、泥んこけんちゃん、に教えてあげたい。
片側のロープはしばりつけるんじゃなくて、
沢山重りをつければいいんだよ、って。


スポンサーサイト

コメント

留学をするならアクセスインターナショナルで!
http://www.access-international.co.jp/ )

アクセスインターナショナルは徹底的にコストを削減し、リーズナブルで質の高
い留
学を実現しています。

例えば、お客様によっては興味のないプログラムも掲載されているような厚い本
やパ
ンフレットなどはお作りしておりません。そのかわり、低料金で満足度の高い留
学を
お約束します。

学校、滞在先、インターン先等の手配においても、お客様のご要望にあわせて一
件一
件妥協のないよう選定、交渉いたしております。

またアクセスインターナショナルで留学すると、世界22都市の提携オフィスでサ
ポー
トが受けられます。日本人スタッフもいるので、初めての海外でも安心してご渡
航で
きます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cmumba.blog67.fc2.com/tb.php/140-e24b34ac

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。