スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレックス・タイムのプログラム(英語ブログ)

英語ブログ↓

International Festival Info Session for Flex-time students


今日は、Internatinal Festivalの説明会をフレックスタイムの生徒向けに開催した。

彼らは昼間は仕事をし、夜授業を受けて、3年間でフルタイムの生徒が受ける授業をこなす。非常にハードなスケジュールで学習効果を疑ってしまうが、実際にTepperで計測したところ、フルタイムとフレックスタイムの生徒の間でのテストの点において有意な差は見られなかったらしい。

面白い話としては、
先日、定期的に開かれるDeanセッション(Deanとは学長みたいなもの)に出たとき、DeanがTepperが150人前後のスモールスクールだけど、その教育レベルは非常に高い理由としてこんな話をしてくれた。

4年ほど前に300人から人数を半減させたときに、
人数を減らしても教授の数を減らさないために、
ニューヨークにフレックスタイムのプログラムを新たに立ち上げ、
ビデオカンファレンスを使って、遠隔授業を行うようにしたのだそうだ。
なるほど。

我々フルタイムのスチューデントは、スモールスクールの良さと、質の高い教授陣の両方の恩恵をこうむっていることになる。感謝せねば。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cmumba.blog67.fc2.com/tb.php/170-f581545f

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。