スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が痛まないのか?

かつて有名な会社を立ち上げた教授に、ある生徒が、
「あなたは多くの人の職を奪って、心が痛まないのか?」
と問いかけた。


この質問が問われたのは、
アントレプレナーシップ(起業)の授業で、
Prof. Emersonが、自分の起業した話を生徒達に話していたときだ。

この教授は、電話の自動応答システムを作り、
世界に広めた人物であり、いまは趣味として、教鞭をふるっている。
(電話をかけたときに、ロボット音声で、
 メッセージを聴きたい人は1番を押してください、というあのシステム。)
この会社は1990年代に株式公開され、100億円以上の値をつけた。


そして、質問した生徒は、
あなたがそういうシステムを作ったことによって、
コールセンターの多くの人の職を奪った。
「あなたは心が痛まないのか?」
と問いかけたのだ。


教室は、かなり静まり返った。
そして、教授は5秒ほど熟考したあと、
「心は痛まない。
 なぜなら、もし人間がしている仕事が自動化できる仕事ならば、
 その仕事は人間がするべきではないと思っているからだ。
 もっと、クリエイティブな仕事を人間はするべきである、
 と思っているからだ。」
と答えた。

あなたはどう思いますか?


時間が切れてしまったので、
続きは明日書きます。
スポンサーサイト

コメント

そんなことを、ずばっと聞ける空気がすごいとやはり思います。

そして、その教授がおっしゃることも理解できます。しかし、その中にいる多くの方が、それをある程度理解できる環境にいるということに、僕らは感謝しなければいけないのかもしれませんね。

僕の業界も、こちらでは数字を打ち込めば、契約書があがってくるシステム…。そんな日がこないで欲しい…。

>Nori-zoさん

本当にその空気はすごいよね。師弟関係を重視する日本ではありえないですな。
ちなみに、そのシステム、日本に持ち込めばよいビジネスになるかな?(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cmumba.blog67.fc2.com/tb.php/208-241cdb2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。