スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「崖の上のポニョ」への挑戦

Ken.Tは宮崎駿監督といつの日か対談させて頂くのが夢なのだが、
面白いインタビュー記事を見つけた。

それは、来夏公開予定のジブリ映画「崖の上のポニョ」に関して、
公開予定の1年以上の前の今の時点で、
鈴木敏夫プロデューサーに、
「ポニョで宮崎監督が何に挑戦しようとしているのか」を、
インタビューしたものだ。

以下、抜粋
--「ポニョ」で宮崎監督が何に挑戦しようとしているのか、です。


鈴木 そうだった。忘れていた(笑)。でもね、最初にも言いましたが、分かりませんよ、本当に。ただ、お客さんが見てくれる間は作り続けたいというのが、宮さんの素直な気持ちだと思います。一人で勝手に作って墓場に持っていけばいいという人ではなく、常に「お客さんは今、何を見たがっているのだろう」と考え続けている人ですから、見続けてもらうためには、これまでと同じではいけないと分かっているんです。だから、お客さんのために、自分の作り方と、もう一度根本から向き合っている。あえて言えば、それが「ポニョ」で挑戦していることでしょう。今、話せるのはこのくらいだよ。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/cnt_interview_20070410.htm

もうあれだけのものをこの世に残してなおかつ、
常に「お客さんは今、何を見たがっているのだろう」と考え続けている人。。
本当に、素晴らしいと思った。
いやむしろ、そう思い続けてきたからこそ、
これまでの作品群があるのだろう。
スポンサーサイト

コメント

ううむ

自分が何を表現したいか、言いたいかじゃないところが、これまたすごいね。すべては受け止める側。だからこそあいいうふうに皆に親しまれる作品が生まれるのであろう。
問い合わせメール、近いうちにしますね。

>amiさん

問い合わせメールありがとう!近々あえることを楽しみにしています。:-)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cmumba.blog67.fc2.com/tb.php/212-864eb588
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。