スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Skypeでサミット開催

今日は、大学時代のテニスサークルの同期と、
スカイプを使っての、(個人的)世界サミット?に挑戦した。
正月には家族で、
日本、アメリカ(NYC、ピッツバーグ)の3箇所から行ったが、
今回はスカイプの限界である5箇所開催を目論んでいた。


大学のテニスサークルの同期は男女あわせて約30人強いるが、
卒業後も、少なくとも年1,2回のペースで卒業後も集まっている。
いつ集まってもすぐ大学時代の心地よい雰囲気になれる、
気のおけない仲間達だ。

しかし、Ken.Tが渡米していらい、顔をあわせていなかったので、
丁度、同期の一人がピッツバーグに遊びに来ていることだし、
スカイプでの世界サミットを呼びかけてみたのだ。
ちなみに、同期の約1/4は海外にいる。


結局、スイスからの友人は朝が早すぎて入れなかったので、
日本、アメリカ(ピッツバーグ、ワシントンDC)、インドネシアの4箇所から、
計6人が同時参加して、1時間ほど楽しく会話した。


スカイプで会議電話をすると、声だけしか聞こえないのだが、
(マンツーマンだとTV電話ができるが)
はじまってすぐ、いつもの同期会の雰囲気になった。
会話の中身はたいしたことないのだが、
非常に心地よい会話のリズム。
距離は遠く離れていて、
全く違う時間帯、気候の中に過ごしていても、
一つの空間を共有している感覚。

ビジネスのミーティングでもこれまで何度か、
世界にまたがる複数地点から参加者が集まる電話会議に参加したことがあったが、
こういう雰囲気を作るのは難しい。

これまでの付き合いの中で、
たくさんの共通認識、コンテキストを共有しているからこそ、
声だけのすごく細いシグナルを通しても、
深いコミュニケーションが出来たのだろう。

最後は、「おやすみ」、「良い一日を」、「飲み過ぎないように」、
様々な挨拶で幕を閉じた、楽しいサミットであった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cmumba.blog67.fc2.com/tb.php/213-cad1e4a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。