スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Mapのスーパーズーム

Google Mapの隠れわざとして、
一部の地域で人の姿が判別できるくらいまでスーパーズームできる機能がある。

百聞は一見にしかず。
なんとこんなレベルまでズームできるのだ。
トップレス?ビーチのスーパーズーム

■このサイトには、他のズーム可能地域が掲載されている。
http://blog.outer-court.com/archive/2007-03-07-n12.html

■スーパーズームの使い方はこちらのページから
http://news.livedoor.com/article/detail/3144678/

では、早速使い方を紹介しよう。
1:Satelliteを選択。
2:GoogleMapでズームしたい地図にたどり着いたらLink to this pageをクリック。
3:URLの中にz=19と言うパラメータがあるのでそれを21や23に書き換えよう。
すると今までの最大ズームよりもさらに繊細な画像がみることができるのだ。
ただしこのスーパーズームは、マップの限られた一部でしか使えないので、見える場所を根気よく探して欲しい。

この"スーパーズーム"さえ使えば、ひょっとすると、プライベートビーチや温泉などのお宝もみられるかもしれないぞ!


お宝画像が見られるのはいいが、
自分の姿をGoogle Mapでありのままに公開されていたら、どう思うだろうか?
どこの地域をどの程度の詳細度まで見せていいということは、
誰が決めるのだろうか?政府?個人?

こういったDisruptive Technology(破壊的テクノロジー)が出てきたときは、
新たに社会に発生する問題を定義する必要があるし、
それを現社会と折り合いをつけて解いていかねばならない。
Googleはそういった面倒くささにひるむ姿勢を全くみせない。
先日、Youtubeの訴訟に対しても真っ向から勝負する姿勢をみせた。
http://www.techcrunch.com/2007/05/01/google-fails-to-blink/

思いつきですが、個人的プライバシーの問題に関しては、
Google的なアプローチだと、
人の姿を自動的に消す仕組みが近い将来に導入されるのだろうなあ、
(あくまでテクノロジーで解決する)と思う今日この頃であった。
しかし東京の渋谷なんかは人込みが無ければ違う街に見える。。
その場合はどうする?
話は幾らでも膨らみますな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cmumba.blog67.fc2.com/tb.php/225-ec3cde62
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。