スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文リーディング力を向上する方法

前回、長々と書いた記事の続きです。

英語リーディング能力に対する誤解
要は、日本人留学生にとっては、リーディング能力の向上が非常に大切だという話だったのだが、じゃあ、どうすればいいか?じっくり書こうと思っていたのですが、今日は時間があまりないので手短に。

いままで試した中で一番良かったのは、SSS多読法だ。これは一言でいうと、簡単な本のリーディングを積み上げていって、徐々に難しい本にチャレンジしていく、という方法。読み戻しをする必要もないくらいのレベルの本からはじめることによって、受験英語で(悪い意味で)培われた漢文レ点的英文読解法(行ったり戻ったりして読む方法ね。)にたよることなく、英文を速いスピードで読みこなしていくことができる。例えば、英単語1000語レベルで書かれた本だとほとんど分からない単語が無い場合、少しだけ上のレベルにステップアップしたとしても、たまにしか分からない単語が出てこないので、文脈で理解することができる。そうして、分からない単語で止まってしまったりしないので、純粋に本のストーリーを楽しめて長続きする。こつは、さらっと読めるレベルの、自分には少し低いかな、というレベルから多読を積み上げることだと思う。英文だ、と肩を張って読めるレベルを読むと、漢文レ点的英文読解法に戻ってしまうので。また、辞書を使わないことも大事だ。辞書を使うと、途切れ途切れに読んでしまう。Ken.Tは鉛筆をもって、分からない単語があったらチェックだけしておいて、その時点では文脈で理解する。本を読み終わった後で、気になった単語は見直して辞書でチェックすることにしている。(しないときもある。) SSS多読法のサイトの中には、レベル別に実際に読むべき本のリストも指定されているので非常にはじめやすいと思う。日本だとブックオフとかで中古本が手に入るかもしれない。


一朝一夕でリーディング力があがるものではないが、留学生にとって必要なTOEFLやGMAT、GREにも効果てき面だと思う。Ken.Tは日本にいるときにレベル 6くらいまでこなして、最近は英語版のビジネス小説を読んでいる。現在は、日本でも有名な「ザ・ゴール」シリーズを原文で読んでいるのだが、ビジネスでも使える軽妙な英語のやりとりが学べるし、そもそもかなり楽しい。


これから留学したいと思っている方は、是非試してみてください。
スポンサーサイト

コメント

学校にあった

多読のオススメ本をどうやって探そうかなー、面倒くさそうだなー、高いかなー、と思ってたら語学学校のライブラリにPenguin Readersがありました! とりあえずレベル0(笑)から始めてます。簡単に読めるから、フラットメイトの日本人にも大好評でしたv-238 ざっと100冊くらいはありそうだったからしばらくは楽しめそうです☆

マッチョさん。こんばんは。今週、担当しているお客様にお子様誕生で、そういえば、マッチョさんのお宅もそろそろでは?と思い、おじゃましました。・・・あと1ヶ月ですか?楽しみですね~。
プロジェクトが落ち着いてきて、自分の勉強の時間が作れそうなので、また英語の勉強、頑張ろうと思います。
お元気で!

>Yorryさん

結構、図書館とかに置いてあるよね。日本でも、アメリカでも、オーストラリアでも。レベル0からはじめるのがこつだと思う。レベル0ならさらっと読めて、英文を読んで楽しめる感覚がでてくるので。

>ニョッキムさん

こんばんわ。ちなみに今はじめて思ったけど、ニョッキムって、マッチョに語感が似てるよね?うん、似てる。プロジェクトお疲れ様です。楽しみながらできるので、SSS頑張ってください。読書記録(英文Word数込み)をつけると、気持ちが盛り上がるかも。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cmumba.blog67.fc2.com/tb.php/249-12abf294
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。