スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺激と反応の間にスペースがある

この言葉は私の座右の銘だ。

最初に聞いたときはぴんとこないが、この言葉の意味は非常に深い。
刺激を受けると、反応する。これは当たり前のことだ。

例えば、パブロフの犬は非常に有名だが、あれは、餌をあげるたびに必ずベルを鳴らすと、そのうちに、エサが無くてもベルを鳴らすと犬がよだれをたらすようになる、という条件反射の話だ。つまり、刺激を与えると、半自動的に何も考えることなく、反応する。
[刺激→反応]、となる。



それに対して、「刺激と反応の間にスペースがある」という言葉の意味は、
人間は、どんな刺激を受けたとしても、それに反応する前に、スペースをもてる、
ということだ。

言いかえると、
どんな刺激を受けたとしても、それに対する反応の仕方を決めるのは、その本人ということだ。どんなことが起きたとしても、それに反応するまえに、選択の自由があるのだ。
[刺激→スペース!(選択の自由)→反応]、とすることが可能なのだ。


ついつい、
我々は刺激に対して選択の自由が自分自身にあることを、忘れてしまいがちだ。
「うちの親があんなだから、、、」
「こんな風に育てられたから、、、」
「日本の教育制度のせいで、、、」
「今の環境にいたら、、、」
誰もが上記の言葉を口にしたことがあると思う。

しかし究極的には全ての行動の責任は我ら自身にあるのだ。
我らは、誰にも干渉されることなく、自分の反応の仕方を選ぶことができる能力がある。
自由意志が存在する。



「夜と霧 新版」を書いたビクター・フランクルの話はすさまじい。
彼はナチスドイツの収容所に送られ、人間の尊厳を害するすさまじい扱いを受けた。家族は殺され、彼自身も数知れぬ拷問・屈辱を受ける。そんな中で、彼は悟るのだ。どれだけ看守達が彼をとりまく環境をコントロールしようと、彼自身の身体を思うがままに操ろうと、彼自身の「自覚」を奪うことは決してできない、ということを。フランクル自身は、その状況下ですら、自分がどう影響されるかを自分で選択することができる、ということを悟ったのだ。。



「あなたの許可なくして、誰もあなたを傷つけることはできない。」
by エリナー・ルーズベルト


そう、この座右の銘とそれにまつわる話は、どんなときでも私を前向きにさせてくれる。
どんなときでも、へこたれる必要なんてない、ということを思い出させてくれるのだ。


ちなみにこの「刺激と反応の間にスペースがある」という考え方も、
以前紹介した7つの習慣から引用しています。

(かなり有名な本ですが、もし読んで無かったら是非読んでみてください。)


ちなみに、最近の私の課題は、



お腹がすいているときに、
いかに刺激と反応の間にスペースを持てるか
、である。



お腹がすいていると、短気になりスペースがもてなくなる。
急いで食堂に行くべきか、
ゆっくりと動いてできるだけカロリーを消費しないでおくべきか、
そんなことばかり考えて、人の話も聞いていない。
まだまだ人間が小さいのだ。




Today, my friend is visiting me from Japan. I am really glad to meet him especially because Pittsburgh is so far from Japan. We had a beer and talked about recent events. It has been almost 6 months since I came here. There are things that changed and didn't change in Japan. Anyway, I want to write later about what is going well and what is not going well compared with what I expected on Dec 11th. That is because the day I came to the US is June 11th.

 
スポンサーサイト

コメント

ピッツバーグにお邪魔した際はいろいろ案内してくれてありがとう!
僕の英会話は刺激と反応の間にスペースがありすぎて困ったものですが、Ken.Tの英会話はかなーり向上しており、さまざまな人々とスムーズにコミュニケーションしてるように見えました。英会話だけでなく、なんというか”コミュニケーション能力”みたいなのが高いんだな。

>Tommyさん

>僕の英会話は刺激と反応の間にスペースがありすぎて困ったもの
うける。

たしかに、英会話力単体ではなく、総合的なコミュニケーション能力というのも非常に重要だよね。どちらかというと、今は、地道な努力によって信頼関係を培い、それがコミュニケーションのベースになっていると思います。それがなにより重要なのは承知の上で、今後は、もうちょっと英会話能力単体でも素晴らしいコミュニケーションが築けるように努力していきます。:-)

読み物としてかなり面白かった。なぜか息を殺して一気に読んだぞなもし。
零細企業ですがうちのボスも、似たことを言っていて。(ちょっと違うか)
意志を持って動いた者が、周りを動かす。みたいなこと。
意志を持って、こうしたい、ああしたい、こうするぞ、こうします、と行動する者に他者はついていくしかないみたいなこと。
そうよね、すべては自由。
そう思うとパワーが出るんだわあ。
それにしても私のプロフの座右の銘と差がありすぎて、知能と知能の間に開きを感じました。

よみました。

こんばんは。

夜と霧、年末に時間ができたので、読みました。
すごく、タイムリーに、ぐさっときました。
人生が与えてくる刺激に、自分がどういう反応を見せるか?、それを積み重ねて自分の人生をつくることこそが、人生の意味とも言える、というようなメッセージを読んで、どういう反応をしてどういう自分になっていきたい?て、改めて考えさせられました。

じーん。。

あと、ご存知かもですが。Franklin Coveyで出している、手帳を買ってしまいました。7つの習慣の実践に、ものや形から入る私にはぴったり。(笑)

>ニョッキムさん

夜と霧、いいよね。ちょっと読みにくい本だからあまり人気ないみたいだけど。
おお、あの手帳いいねえ。ちなみに、私のパソコンには、Franklin Coveyの電子手帳が入っています。:-)でも、じつはそれは使っていなくて、昔から使っているテキストベースの日記ばかり使っているんだな。テキストベースでも、自分の原則と、一週間毎のTodoは、きちんと書いています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cmumba.blog67.fc2.com/tb.php/76-ad91b3cf

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。