スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッチボール初挑戦!

先日、ドッジボールの大会に参加した。


ドッチボールといえば、
小学校4年生のときに、ドッヂボールが盛んな小学校に転校したことを思い出す。
最初の休み時間にガキ大将格の男の子がきて、
まじまじと私を見て、ドッチボール能力を測られたあの眼。
私と入れ替わりに転校した子よりも、ドッヂ能力が高いことがわかったときに、
やたらと歓迎ムードになったことを覚えている。

アメリカのドッジボールは日本と全然別物のゲームだ。
まず、ボールを4つ使う。

写真:皆でボールを持ってプレッシャーをかける
dodge.jpg


ボールを持った状態で、相手のボールをはじいてもいい。
投げたボールがキャッチされると、投げた人はアウトとなる。
このあたりが、日本のドッチボールとの大きな違いだろうか。

写真:必死で投げているチームメンバーEd
dodge3.jpg


ちなみに、はじめ方が面白い。
真ん中にボールが並べてあって、
両チームが両端から走って取り合うのだ。


写真:真ん中のボールを必死でとる、の図
dodge2.jpg


Ken.TはMBAの代表チームの一員として、
カーネギーメロン大学の中のトーナメントに参加したので、
結構張り切っていた。

ゲームが始まる前に、チームのキャプテンに、
「お前が一番走るの早そうだから、頑張って最初のボールをキープしてくれ」
と頼まれ、期待されたら頑張っちゃうほうなので、そりゃあもう、必死で走った。

すると、
勢いあまって、センターラインを踏み外して、アウトとなった。。
そのまま我がチームはセットを落とした。申し訳なさでいっぱいだった。

次のセットは、キャプテンに、「Ken.T、センターラインには気をつけろ」と言われた。
最初のランのときに気をつけて走ったので、センターラインは踏み外さなかった。
が、ボールをキャッチした後、興奮して投げようとして、
また、センターラインを踏み外した。。。
そして、チームはそのまま2セット目を落とし、
青春の冬は15分で終わった。。。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cmumba.blog67.fc2.com/tb.php/77-5452e853

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。