スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラケットボール初挑戦!

先日、ラケットボールに初挑戦した。

基本的なルールは前の壁にぶつけて交互に打ち合うだけ。
相手が前の壁にボールをぶつけた後、跳ね返ってきたボールを、
地面に1バウンド以内で、前の壁に打ち返せばよく、
横も天井も後ろの壁も全て使ってよい。

球技にパズルゲームのような戦略性を組み合わせたゲームで、
筋力のないプレイヤーでも、テクニックがあれば、
十分に勝つことができるゲーム性に富んだスポーツである。
3次元をフルに使って戦略を立てるわけだ。

似たスポーツとして、スカッシュがあるが、
スカッシュの場合、ボールが小さく、
背面の壁は使わないなどの若干の違いがある。

CMUにはラケットボール&スカッシュのコートが、
10面弱あり、いつでもWebから予約して使うことができる。
寒い冬にはうってつけのスポーツだ。

写真:背面の透明なガラス部分もフルに利用する
ラケットボール


写真:ラケット
テニスラケットよりも、柄の部分が短い。
ボールは、テニスボールよりも若干小さく、全てゴム。
Knife_1701.jpg



学生時代にテニスをかなりやっていたので、
ボールを打つことは簡単であるが、
ポジショニングや、ボールのプレースメント戦略が全然違うので、
最初はかなり戸惑った。
また、テニスのようにスピンをかけてもあまり意味がないので、
フラットで打ったほうが良いことに気づいた。

新しいことに挑戦して、
そのときにぶつかる壁を乗り越えていくこと、
成長していく感覚、が非常に好きだ。
そのことについては、またじっくり書きたいと思う。

それにしても、半年経ってもなんの成長も見られない私の筋肉群。
(色々と言い訳をつけてトレーニングしてないだけだが。)
ちなみに、今は、ラケットボールに張り切りすぎて右肩を壊しており、
トレーニングできていない。
胸板は厚くないけど、マッチョの壁は厚い。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cmumba.blog67.fc2.com/tb.php/87-92cb2cd9

ラケットボールについて

ラケットボールラケットボールとは、4面の壁と天井、床に囲まれた空間で、前面の壁に当たったボールをラケットで打ち合う競技。ラケットで中空のゴムボールを打ち合い、得点を競う。他のラケットを使ったゲームとの最も大きな違いは、全ての壁面(天井を含む。スカッシュで

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。